..... .....

英検準1級合格者体験談

速報!2020年第1回英検®準1級1次試験合格者体験談

先日行われた2020年度第1回で英検®準1級本コースを受講された川田さんが、見事に合格され、体験談にご協力頂きました。

ライティング 9/16→15/16 GP1+7で合格!!

①川田さん 高校3年生

川田さんのコメント

ブラスト学院について

まずは授業が楽しかったです。先生がとても面白いので初回から緊張がほぐれました。これは自分の考えですが、やはり授業で一番大事なのは通う際に憂鬱にならずに楽しく続けられることだと思うので初めて授業を受けたときは当たった!と思いました。また、授業は一回で一単元ずつ講義を受けるのですが、どの単元にもそれぞれ解き方があるので、最初はこんなに考えきれないなと思っていました。しかし、授業で問題を解く度に解き方の確認をしてくださったのでだんだん手や頭に染み込み、思っていたよりもすぐ意識できるようになりました。それと、ブラスト学院では英作文の添削がしてもらい放題なので、書いて、添削してもらって、の繰り返しが大事なライティングは確実に伸びます。

語彙

自分は単語帳を一通り覚えたあと、最後の一か月は、赤文字になっていない類語や反語、形容詞から名詞になっただけなのに急に意味が変わってしまう単語をワードに打ち込み、印刷して単語帳と一緒に覚えていました。語彙問題やリーディングで分からない問題にはよく赤文字になっていないところから出ていたので、対策しないわけにはいかないと思いました。

リーディング

リーディングは初回の授業でものすごい衝撃を受けました。それは、長文を一文ずつ訳していったときのことです。単語も文法もすべて知っているはずなのに正確に訳せないという事態に直面しました。なぜだかを説明していると長くなってしまうので割愛させていただきますが、それが英文を読むときによく起こる、「読んでいてもなかなか頭入ってこない」という現象に繋がっていることを学びました。そこでリーディングは訳したものをかき出し、解説の訳と一つ一つ照らし合わせていくという勉強方法をしていました。そのため授業後によく質問させていただき、いつの間にか授業終わりから30分以上経ってしまっていることもあったのですが、先生が丁寧に、一個一個教えてくださいました。

ライティング

自分は苦手なリスニングよりも苦労したと思っています。最初は型にはめればいいだけだと思っていたのですが、それだと色んな問題に対応できないと教わり、自分でどのような展開で書いていくかを考えるのがとても大変でした。また、自分は、論理が飛躍してしまうことが一番の問題点だったので、書きながら話がしっかりつながっているか注意深く確認していました。添削の後の先生からのアドバイスを基に、この部分をもっと効果的に、論理的に説明していくにはどこを変えたら良いのかなど、何度も文章を練り直していくうちに、型にとらわれない書き方を学びました。先生には膨大な量の添削(自分はライティングに時間をかけて考えたり書き直したりする機会があまりなかったので膨大でした。)をしてもらい、先生の直しがなくなるまで書き続けました。

リスニング

自分はリスニングの、特にパート2が苦手だったのでそこを重点的に練習していしました。通学途中の電車の中で、ただ音を流すのではなく会話内容を一語一語拾えているかを意識してやりました。最初は、リスニングよりもリーディングの方が得意だったので万が一リスニングで落としてしまっても、少しはなんとかなるだろうと思っていました。しかし、本番ではリーディングの点数が模擬練習でやっているときの点数を大幅に下回ってしまい、その分を手厚く対策していたリスニングが補ってくれたので、リスニングもしっかり対策していたことも一次試験の合格に繋がったと思います。

最後に

また、先生の授業を受けて強く実感したのは、日常的に現代文が読みやすくなったことです。初めから自分は英検準一級のためだけの勉強をするつもりで来ていましたし、授業でも日本語の文章を読んだことはありません。ただ、先生のリーディングの授業を受けているうちに、長文読解のコツや解き方を日本語の文章にも同じように適用できることを学びました。もちろん現代文に限らず、効率の良い単語の覚え方、一通り問題を解いたあとの見直しの仕方、今年受験生の私には「英検のため」という枠に収まらない「勉強の仕方」を学びました。

まだ二次試験もあるのでまだまだ気が抜けませんが、一次試験の合格は大きな自信となったので引き続き頑張ろうと思います。

講師のコメント

川田さんは理解力と実行力があり、何でも理解したらそこをとことん実行に移すタイプでした。まずは、勉強に何が必要かを理解し、そこを徹底的に勉強するのですが、その勉強量は次元が違い、単語帳の単語も、試験直前期は全ての単語に対して、訳が3つあったらその3つとも即答できる状態でした。そのため正しく導けば合格する方だということは、認識しながら気を付けてアドバイスしていきました。試験直前はクラスのレッスンをしていても、「明らかに合格するな」ということが周りから見ても一目瞭然の状態まで、レベルを上げてきました。見た目は柔らかいですが、心に強さを秘めた川田さんの将来が楽しみです。

担当講師 中野太郎(左)川田さん(右)

②M.H.さん 中学2年生

先日行われた2020年度第1回で英検®準1級本コースとプライベートレッスンを受講されたM.H.さんが見事に合格され、体験談にご協力頂きました。

何と中学2年生!純日本人・留学経験なし!

M.H.さんのコメント

Q ブラスト英語学院を選ばれた理由は?

ブラスト英語学院を初めて訪ねたのは、中学一年の7月で今からちょうど一年前です。参加した説明会の後に、中野先生は笑いながら目は笑わず、「うちは課題が多いので、しっかりやれないようでしたらやめたほうがいいですよ」と言いました。どこの塾でも海外経験がなく、中学一年だと、「英検よりは基礎文法が先とか、3年かければ受けられるかもしれません。」とか、気が遠いことを言われましたが、私は早く合格をしたかったので、覚悟を決めて一番厳しそうなブラスト学院の中野先生に習うことにしました。

Q 単語21点はどうやって対策したのですか?

初めての授業で宿題になったのが、単語帳を2周することでした。2級の時には、合格するまでに単語帳を1周することが目的だったのに、一週間の課題が2周とは衝撃的でした。でもやらないともしかしたらすごい怒られるのかと思い、必死でやりました。単語の意味が書いてある漢字が読めません。ふりがなを振ってもらっても意味がわかりません。グーグルもできません。すべてに時間がかかりました。でも私なりに工夫をしながら、1週間の課題はひたすら単語帳のみで、多い時には一週間で12周しました。8ヶ月位経過すると、あんなに苦しかった単語が、なんとすいすい覚えられるようになったのです。コロナ中も何もすることがないので、ひたすら単語を繰り返し行いました。結果、本試験では自己ベストの21/25を取ることができました。ちなみに単語帳はやればやるほど分厚くなります。会場でも私ほど分厚い人はいないことで自信を持ちました。

Q リーディングの授業はどうでしたか?

次に長文の問題は、中2の私には、背景知識が足りません。これには苦戦しました。背景知識が足りないからと諦めるわけにはいかなかったので、解決法は、単語量です。そして、先生に丁寧に教えてもらう文法です。ちなみに中野先生は、何度忘れても、「それ前も言ったよね??とか、何度言ったらわかるんだ!」というようなことは、絶対におっしゃいません。忍耐強さは今まで習った先生を凌駕しています。中野先生には、中学高校で習う文法を一気に習いました。その2つが功を奏して、長文がうまく訳せるようになったのは、本番の1ヶ月前くらいからです。

Q ライティングの授業はどうでしたか?

最大の難関は英作文です。まず、課題に対して意見が日本語でもありません。そして中野先生に添削をしてもらったり、構成や展開をいくら教えてもらっても時間内にまとめて書くのが本当に大変でした。これも授業では、5分でアイディアを出す練習を繰り返し、家でも書ける日は毎日1作文書きました。先生には都度添削を出しましたが、返事を見るのがいつも辛かったです。

Q リスニングはどう対策しましたか?

パート1は満点以外取らない事とパート3まで集中力を持たせるように授業でも特訓し、必ず通して聞く練習をしました。中野先生は、一問間違えるとその問題のどの文章のどの単語が聞こえなかったかと何度も何度も繰り返し聞いて分析します。たまに、もういいよ。と、思いましたが、聞こえない理由は必ずありました。原因は単語か文法が主でしたので、その二つを教えてもらう事で、確実に正解を安定して出せるようになりました。執念で聞こえない箇所の要因分析する方法を中野先生にはご指導頂きました。

Q 最後に

まだ二次試験がありますので、油断は大敵ですが、この苦しい英検に挑戦する自分との戦いに小休止ができてホッとしています。中野先生は、ご自分に非常に厳しい先生なので、生徒にも同様に要求は高いですが、怒られたことはありません。ついていくことは覚悟がいりますが、英語が得意にしたいと思う方は、挑戦をする価値が大きくあると確信しています。

講師のコメント

初めてMHさんが当学院にいらしたときは、帰国子女でもなく純日本人のまだ中学生になりたてで、もう英検®2級を持ってらっしゃるとのことだったので、どれだけすごい方なんだろうと思っていたら、英文1文訳してもらうと、あれ、文法・単語が全然できてない。。。と、冷や汗をかいた記憶があります。どうやって2級に受かったのだろう、と思いながらも、覚悟を決めました。しかし、MHさんは根性がすごく、どのような課題でもこなしてきて、見る見るうちに成長していきました。そのため、早い段階から、確実に合格できると確信をしました。当時は単語の意味を日本語でも分からない状態でしたが、今では今期当学院の合格者の中でもトップの、単語21点で合格されました。また、最後は全ての技能で、確実に準1級レベルの実力に達しておりました。短い期間でしたが、本当によく頑張ったと思います。合格の知らせを聞いたときは、飛び上がるような喜びを感じました。MHさんの今後が楽しみです。陰ながら応援させて頂きます!


 

2019年第3回英検®準1級合格者体験談

先日行われた2019年度第3回で英検®準1級本コースを受講された上野さんが、今回見事に2次試験を通過し合格され、体験談にご協力頂きました。

何とライティング満点!
2019年第2回英検®準1級合格者 上野芳生さん 会社員

上野さんのコメント

Q ブラスト英語学院の良かった点

自分に合った解き方を提示して下さった事です。リスニングがどうしても苦手だったので,その状況を受けて,リーディングやライティングで何点取るべきかを具体的に教えて頂き「今の自分でも何とかなるのではないか」と自信を持って挑むことができました。

Q 授業はいかがでしたか?

自分の力量に合わせて頂き,すごくわかりやすかったです。入学当初は厳しい指導が待っているのではないかと心配していましたが,どんなミスや質問に対しても真摯に応えて頂いたので,授業に参加する事が楽しくて仕方ありませんでした。

Q ライティング満点を取った秘訣は?

毎回の課題でライティングの添削を御願いしていく中で,自分なりのライティングのフォーマットが出来て来ました。受験直前に,ライティングで出されやすいテーマを伺い,そのいくつかのテーマに沿ったライティングの準備していたので,テスト本番はためらう事なくスラスラと書き上げることが出来ました。

Q 二次試験の合格のポイントは?

他のスクールとは違い,日本人の先生に教えて頂けるので,要所を突いた的確なアドバイスを受ける事が出来ました。また,こちらの都合に合わせてプライベートレッスンの時間を提供して頂けた事が大変助かりました。

Q 最後に

「英検準1級に合格したい,受験したい」という気持ちはあったものの,具体的にどうしたらいいのかわからず,そして受験する勇気もなく,年数を重ねて来ましたが,2020年に東京五輪が開催される事を機に,お世話になる事を決めました。自分の中で英語学校に入る決心がつかなかった理由の一つに,自分の英語能力を厳しく叱責されるのではないかという思いがあったのですが,学院では担当の先生が私の力に合わせて御指導して頂き,毎週の英単語テストやライティングの添削メールを重ねる中で褒めて頂いた事で日に日に自信が出来てきました。担当の先生そして学院長,本当にありがとうございました。

2019年第2回英検®準1級合格者体験談

先日行われた2019年度第2回で英検®準1級コースを受講された清水さんが、今回見事に2次試験を通過し合格され、体験談にご協力頂きました。

不屈の精神で見事英検準1級合格!! 2019年第2回英検®準1級合格者 清水 茂季さん 会社員

合格者写真
様々な困難を克服し、不屈の精神で見事英検準1級に合格されました。特記すべきは、ライティングのセクションが15/16で94%の得点率だったところです。クラスでも、最後1か月の単語テストで安定して25点満点で20点以上を取り続け、本番を迎えました。その努力を惜しまない姿は、クラスの他の学院生に非常に良い影響を与えておりました。

清水さんのコメント

Q 授業はどんな感じでしたか?

授業では正答を選ぶ際の根拠を明確化する訓練や、英作文の採点のポイントを丁寧に解説していただき、短時間で合格することができました。

Q ブラスト英語学院の良かった点は?

英作文の添削が無制限だった点です。英作文の徹底的な訓練のおかげで、英検準1級に合格することができました。また、ブラスト英語学院の基本方針は自学を大切にすること。短期間の授業でしたが、宿題は多かったです。それにより語彙力と英作文力をつけることができました。

Q 1次試験合格のポイントは?

ブラスト英語学院は英作文添削が無制限なので3か月で20回提出しました。そのおかげでライティングの得点率は94%でした。

Q 2次試験合格のポイントは?

1次試験合格後には、コースの特典だった2次試験対策で2度のプライベートレッスンをしていただき、自信をもって面接に臨み、2次試験も合格することができました。

さいごに

現在47歳の私が英検準一級を初めて受験したのは25年前の大学生の時。この25年間で何度も受験し、すべて不合格。年齢と記憶力の衰えから、今回もし不合格であれば、準一級は諦める覚悟でブラスト英語学院の門をたたきました。試験本番直前に親戚で不幸があり、また試験当日の体調と精神状態は芳しくなく、集中力は最低の状況でした。そのため、リーディングとリスニングの正答率は想定を大きく下回りましたが、英作文では9割以上の高得点。おかげで合格点に達することができました。人生の折り返し地点で、今後も学び続けるモチベーションと自信をつけることができました。中野先生、本当にありがとうございました。先生の今後のご活躍と、共に学ぶ学院生の成功をお祈りします。

講師のコメント

試験前日体調の悪い姿を見て、本当に心配でしたが、それでも授業に来て頂き、宿題もしっかりこなしたうえ、試験も最後まで頑張られたということに非常に感動しました。講師である私自身も人生の先輩である清水さんから学ばせて頂くことは多かったです。添削も必ず添削した後にやり直した分も毎回提出頂き、気持ちいいほど添削をさせて頂きました。私が普段から話す合格に必要な基礎学力の重要性をしっかり理解していただき、試験の結果として具現化して頂いたことは嬉しく思います。今後の更なるご活躍をお祈り申し上げます。

清水 茂季 さん(左) 担当講師 中野太郎(右) a

英検®試験対策各コースの詳細はこちらをクリック

PAGE TOP