..... .....

大学入試共通テスト|IELTS・TOEFLを選択する理由

大学入試共通テスト|IELTS™・TOEFL iBT®を選択する理由

大学入試共通テストで、IELTS™、TOEFL®を選んだ場合どのようにメリットがあるのかをご説明致します。

留学に使えるメジャーな英語試験

IELTS™を使って留学

IELTS™は、海外留学や研修、海外移住申請に最適なテストです。特にイギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドではほぼ全ての高等教育機関でその利用が認められており、アメリカでもアイビーリーグを含め、3,000を超える教育機関が採用しており、世界140か国で実施されている、英語力証明のグローバルスタンダードテストです。

TOEFL iBT®を使って留学

TOEFL iBT®は、アメリカ、フランス、ドイツの大学、ならびにカナダの大学院課程によって最も推奨されている英語テストです。(※イギリスでは利用できません。)日本人はほとんどの場合その大学数の多さから、アメリカに留学することが多いですが、アメリカでは主流に英語能力の認定試験として使われているテストです。

急増する高校生、大学生の短期留学

昨今スーパーグローバルハイスクール(SGH)、スーパーグローバルユニバーシティ(SGU)、国際バカロレア(IB)などにみられるように、各高等学校、大学が海外留学や、グローバル人材の育成に力を入れています。特に1学期から1年間の交換留学や派遣留学は渡航先としての魅力的な海外大学も増え、希望者も増えており、IELTS™やTOEFL®テストのスコアは大学に入り留学を申請する際に必須のアイテムとなっております。このIELTS™を大学受験という勉強に特に力を入れている段階で、スコアを取っておくと、大学入試に使えるだけでなく、その後の留学の申請にも利用できます。大学に入ると新しい出会いや活動が始まり、中々勉強に使う時間が限られてくるので、高校生の間にこの対策をしておくことは非常に有効に働きます。

ブラスト英語学院のIELTS™クラス

ブラスト英語学院では、IELTS5.5~6.5を目標にする中級クラスと、IELTS7.0~8.0を目標とする上級クラスの二つのコースを設置しております。これは、交換留学や派遣留学に必要なスコアが最低でもIELTS™5.5必要になり、それ以下は持っていても大学で留学に使用できないからです。大学入試では、4.0~免除になるスコアが存在しますが、どうせ取るのであれば、大学に入ってからも使えるスコアを取るために、まずは5.5を狙って勉強することが、後々効率の向上につながります。

ブラスト英語学院IELTS™コースの詳細はこちらをクリック

ブラスト英語学院のTOEFL iBT®クラス

ブラスト英語学院のTOEFL iBT®クラスは80~100を狙うクラスとなっています。少しレベルが高いと思われがちですが、基礎にも立ち返りながら行うクラスですので、TOEFL iBT®スコア46ある方でしたら問題なく参加できるクラスとなっております。

ブラスト英語学院TOEFL iBT®コースの詳細はこちらをクリック

 

 

 

 

PAGE TOP